乾燥・敏感肌を、改善できる「成分配合・処方」が大切です。 敏感肌は、慢性的に肌が炎症を起こしている...

乾燥性敏感肌クリーム選びの必須項目をチェック

乾燥・敏感肌を、改善できる「成分配合・処方」が大切です。
敏感肌は、慢性的に肌が炎症を起こしている状態のことをいいます。まずは、炎症を抑えるケアが必須です。植物由来や、肌に優しい低刺激で作られているものがおすすめです。ヒリヒリしない、ピリピリしない、などの使用感だけでなく、炎症を抑える成分配合がなされているものを使いましょう。

敏感肌は、角質層がスカスカで、水分を溜め込む構造になっていません。乾燥を防ぐためには、肌の水分蒸散を防ぐケアと、角質層を潤いで満たせるように、健やかな肌づくりができる成分配合が必要です。ヒト型セラミドなどがおすすめです。ナノ化されているとなお良いでしょう。

乾燥性敏感肌は、肌のバリア機能が低下している状態といえます。肌バリア機能を高めるケアが必須です。乾燥により炎症を繰り返してしまう、そんな敏感肌を改善するには、肌のバリア機能を高めることは必須です。肌がしっかりと水分を閉じ込める事ができれば、自然と肌のバリア機能も高まっていきます。成分の相互作用で、健やかな肌づくりが実感しやすくなります。